細かなことが気になる親父の備忘録

インスタントラーメン袋と日常で気になった細かなことを書き留めていきます。

スマホカメラのシャッターボタンの話

私が参加しているFacebookのグループの一つに地元ラーメンをアップするものがあり、自分も投稿しつつ行きたいお店の参考にさせてもらっている。

最近投稿したのがこのラーメン。

結構メンバー内で反応が多かったのですが、汁が黒くて麺が見えない。麺はどんな麺でしたか?との問い合わせもあった。同グループ内には麺を箸で持ち上げたところを撮ってアップしている人も多いのだけど、私にはその技がないというか利き手の右手で麺を持ち上げ左手でスマホのシャッターボタンを押せなくて撮れないのがこれまでだった。
こちらは、メンバーの投稿写真。麺の太い細いもわかる。

どうしたら撮れるかなと思っていたのだけれど、偶然スマホカメラの機能をみつけたというか使い方に気が付いた。
こちらはスマホのカメラを起動したときのもの。赤丸部分がシャッターボタンである。

これまでスマホを左手で持ってこのボタンを押すのが至難であきらめていた。
ところがなにげにシャッター以外の画面を触れたらシャッターが切れたのだ。

そう、シャッターボタンでなくても画面にタッチすれば撮れたのです。ラーメン写真に限らずこれは使えると思いました。ご存知の方には何を今更の話だとは思いますがアラ古希親父には新鮮でした。調べてみるとカメラの設定で青枠部分をオンにしておけば使えるようです。無理にシャッターボタンに指を伸ばしてという動作は不要でした。

ちょっとしたことでしたが備忘録としておきます。(^^;

細かなことが気になる親父 記