細かなことが気になる親父の備忘録

インスタントラーメン袋と日常で気になった細かなことを書き留めていきます。

612袋目:うまかラーメン九州味 福島ラーメン しょうゆ味 二食分

インスタントラーメン 612袋目は、

 うまかラーメン九州味 福島ラーメン しょうゆ味 二食分

 江崎製麺有限会社      賞味期限2020.08.__(令和2年)

同社の商品は初めての登場。今まで出会えなかったが、調べてみれば
福岡のマルタイ、熊本のアベックラーメン(五木食品)とともに棒ラ
ーメンと言われるジャンルを牽引してきたようだ。ただ、棒ラーメン
の名称はマルタイが商標登録しているので記載はされていない。
歴史あるラーメンのようだが、手にした時にネーミングに戸惑った。
九州味で醬油味、九州なのに「福島」ラーメン??。さらに調べてみ
ると、福島の名は福岡県にある地域を指していて、大合併の際には、
福岡県福島市が誕生する可能性もあったそうだ(福島県は反対した)。
また、元々は八女市にあった昭和35年創業の「福島製麺製粉所」の商
品として製造・販売されていたものを、江崎製麺が継いだものらしい。

f:id:dorapapa96:20201026150131j:plainf:id:dorapapa96:20201026150142j:plain

<このカテゴリーについて>
昭和40年代後半から実際に食してきた、インスタントラーメンの空袋
を、データベース的に過去から順次掲載しています。平成に入ってか
らは、主に好きな醤油味に絞って購入・食していました。
記憶だけを頼りにしているので、重複掲載もあるかもしれません(^^;

数字あそびトトロ 80ピースの立体パズル 説明書なしで組み立てられたと思ったら・・(T_T)

毎年一つだけ結婚記念日に買っているトトログッズ。

欲しいものは大概買ってきたので、最近は買いたい物を探すにも時間がかかる。
今年は80ピースの立体パズルを購入。

f:id:dorapapa96:20201028111926j:plain

f:id:dorapapa96:20201028112007j:plain

頑張って完成したと思ったら、付属パーツの一つの使い方がどうしてもわからない。

f:id:dorapapa96:20201028112219j:plain



f:id:dorapapa96:20201028112033j:plain

説明書もないのでメーカーに問い合わせたら、ガビィーン~###### 何と最初に使わないとダメだという。

「何か一文でもいいので説明書きを入れた方が良いですよ」とご提案。お決まりの「貴重なご意見として承ります」と御回答頂いた。

全部やり直しを覚悟したが、何とか一番上だけで済んだのは不幸中の幸いだった。(^^;

f:id:dorapapa96:20201028112157j:plain

購入され組み立てられる時はご注意ください。

2020.10.28 細かなことが気になる親父 記

 

611袋目:秋田 ぎばさラーメン 塩味 

インスタントラーメン 611袋目は、

 秋田 ぎばさラーメン 塩味

 販売:ノリット・ジャポン株式会社   賞味期限2020.08.30(令和2年)
 製造:株式会社クックランド

麺に「ぎばさ」を練りこんだ商品。ぎばさとは、香りと粘りが強い海
藻「アカモク」の秋田の愛称で、ネバネバ、シャキシャキでとても美
味しい海草として最近話題になったこともあるようだ。
麺に海藻を練りこむというと、藤原製麺さんの北海道利尻島利尻昆布
ラーメン(286袋目)が有名(?)だが、はたして「ぎばさ」は定番
そして利尻昆布に並ぶことはできるだろうか。頑張れ秋田!
秋田物が続いたのは、406袋目に掲載した秋田犬ハチ公ラーメンを求
秋田県物産振興会から購入したから。地方にはまだ色々ありそうだ。

f:id:dorapapa96:20201026133126j:plain

f:id:dorapapa96:20201026133140j:plain

<このカテゴリーについて>
昭和40年代後半から実際に食してきた、インスタントラーメンの空袋
を、データベース的に過去から順次掲載しています。平成に入ってか
らは、主に好きな醤油味に絞って購入・食していました。
記憶だけを頼りにしているので、重複掲載もあるかもしれません(^^;

 

610袋目:きさかた名物 タラーメン 鱈しょっつる味 二人前

インスタントラーメン 610袋目は、

 きさかた名物 タラーメン 鱈しょっつる味 二人前

 伊藤製麺所       賞味期限2020.09.30(令和2年)

同社の商品は初めての登場。会社形態は不明だが昭和10年創業という。
まず「きさかた名物」とあるが、え?何処となる。調べてみると、漢
字では象潟(きさかた)と書くようだ。象潟とは秋田県にかほ市象潟
地域の地形で、今は平地だがかつては潟湖でそれを象「潟」と呼んだ
そうだ。江戸時代には「東の松島    西の象潟」と呼ばれ、松尾芭蕉
奥の細道で「松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し」と詠ま
れているという。にかほ市の市魚である鱈。その鱈からつくられた魚
醤をつかって、市のPRのために考えられたラーメンだそうだ。
残念ながら別茹でなので、ここではインスタントラーメン風となる。

f:id:dorapapa96:20201026132714j:plainf:id:dorapapa96:20201026132730j:plain

<このカテゴリーについて>
昭和40年代後半から実際に食してきた、インスタントラーメンの空袋
を、データベース的に過去から順次掲載しています。平成に入ってか
らは、主に好きな醤油味に絞って購入・食していました。
記憶だけを頼りにしているので、重複掲載もあるかもしれません(^^;

609袋目:秋田のこだわりラーメン 十文字ラーメン 特製しょうゆ 2人前

インスタントラーメン 609袋目は、

    秋田のこだわりラーメン 十文字ラーメン 特製しょうゆ 2人前

    林泉堂株式会社      賞味期限2020.12.16(令和2年)

同社の商品は初めての登場。なぜ十文字なのか?最初、同社のロゴマ
ークからかとも思ったが、調べてみると同社のある十文字地域を中心
とする地域で食されるいわゆるご当地ラーメンだった。麺はあの稲庭
うどんの手法を用いているという。
この手の干し中華麺を手にするたびに実は迷っている。はたしてイン
スタントラーメンと読んでよいのか・・。ましてこれもそうだが別茹
タイプは悩ましい。本当に飾り気のない実用的な干し中華麺もあるか
らだ。ま、いまさらの感もあるがインスタントラーメン風という事で。
袋の裏面がキンキラ金と輝いていてまぶしい。

f:id:dorapapa96:20201025142554j:plainf:id:dorapapa96:20201025142608j:plain

<このカテゴリーについて>
昭和40年代後半から実際に食してきた、インスタントラーメンの空袋
を、データベース的に過去から順次掲載しています。平成に入ってか
らは、主に好きな醤油味に絞って購入・食していました。
記憶だけを頼りにしているので、重複掲載もあるかもしれません(^^;

608袋目:NISSIN 豚ガラ ポークラーメン

インスタントラーメン 608袋目は、

 NISSIN 豚ガラ ポークラーメン

 日清食品株式会社      賞味期限2020.09.20(令和2年)

607袋目と同時発売された豚ガラポークラーメン。 
チキンラーメンビーフラーメン同様にお湯かけタイプの商品である。
ビーフラーメンも同様だったが、鍋で煮てもよくその場合は1分だ。
最近茹で時間が長いものが多くなってきたので1分は驚きだが、麺は
キチンと同じように思える。麺の真ん中にタマゴスポットもある。
キャラクター名は「ぶたこちゃん」。期間限定商品である。

f:id:dorapapa96:20201024145349j:plain

f:id:dorapapa96:20201024145404j:plain

<このカテゴリーについて>
昭和40年代後半から実際に食してきた、インスタントラーメンの空袋
を、データベース的に過去から順次掲載しています。平成に入ってか
らは、主に好きな醤油味に絞って購入・食していました。
記憶だけを頼りにしているので、重複掲載もあるかもしれません(^^;

店の名は「茜館」、拉麺と昭和ノストラジーを満喫 壁に飾ってあったのは・・大物歌手の写真

そのお店は長野駅近くの集合住宅の一階のテナントに入っている。名は「茜館」。
もう何十年もその看板をみていたが、車で通り過ぎるだけで入ったことはなかった。

f:id:dorapapa96:20201023131714j:plain

ところが何年か前に、素朴なラーメンを探してネット検索で気になったのがこの茜館だった。ネット検索でも、ある一人の方のプログに登場するだけの穴場的存在だった。

訪れられないまま時が過ぎていたが、今回ようやくそのドアを開けることができた。

f:id:dorapapa96:20201023131757j:plain

店のドアを開け、目に飛び込んできたのはまさに昭和のスナックそのまま。よく通った昔の思い出が脳裏をよぎる。カウンターに一人女性が座っていた。違っていたら申し訳ないが、還暦すぎたこの親父よりさらに十は上ではないかと思われる。

f:id:dorapapa96:20201023131817j:plain

12時にはまだ時間があったせいか他にお客さんはいなかった。

意外?にも、やおら私に近づいてきたと思ったら、おでこで検温。へ~しっかりしているなと感心。今日の定食は・・・としゃべる女将だったが、今日は「ラーメン」を食べにきたと伝える。スナック風の店内とはギャップがあるメニユー。

f:id:dorapapa96:20201023133313j:plain

待つ間、店の中を見渡していると、メニューの他に色々なものが目に入ってきた。
「令和二年の昔カラオケベスト」の張り紙。ん~。知らない歌が多い。私よりかなり年配の方々が常連さんだと分かる。昭和も昭和の前半ではないだろうか。

f:id:dorapapa96:20201023131414j:plain

ラーメンが出来てきた。女将にここはいつからと聞くと、茜館としては3代目で自身は35年になるという。

f:id:dorapapa96:20201023131446j:plain

卵もチャーシューもない(ハムような何かの肉は入っていた)シンプルなラーメンだ。
しょうゆ味では珍しいコーンが入っていた。味も、昔飲んだ後に締めの一杯で食べた屋台の味。こうゆう味がなぜか嬉しくなる。

食べ終わる頃、常連さんと思われる私よりかなり年配のお客さんが何組か入ってきた。
会計をしようとしてふと横をみると、写真が額にいれられていくつか飾ってあることに気が付く。その中で目にとまったのが、これ。

f:id:dorapapa96:20201023131529j:plain

えー島津亜矢さんも来たことあるんだ?と私。
そうね30年以上前かな。今と比べると・・・(自主規制)だね、と女将。
若い!確か現在50才位なのでまだ10代だった頃だろう。へー。ごちそうさま。また来ます!と言って店を後にした。定休日:日曜・祝日 営業時間:11:00~21:00 
昭和ノストラジーを満喫した昼食のひと時でした。

2020.10.23 細かなことが気になる親父 記